長野県伊那市アロマテラピーサロン&スクール

◆本日夏至。げし、といえば…  〜6月21日〜

こんにちは。マノカルダです。

 

本日、6月21日、夏至。
12:32分に夏至点を迎えます。

 

一年でいちばん昼間の長さが長い一日です。

 

一年の折り返し地点にやってきました。

 

2021年、半分を終えて
皆さんはどんな感慨をもたれているのでしょうか。

 

わたしは・・・
怒涛の半年間だったなあ、と。
あれよあれよという間にこんなところに来ていた!という感覚です。
必死に必死に毎日を積み重ねていたら、ここに来ていた。。。という感じ。

 

それもまた、悪くないかな。
ビジョン明確に!と、月も味方にしながらまずはあと半年先の冬至までのイメージを固めているところです!
(ってなかなか固まんないんだけど、ね。)

 

さて。

 

夏至、といえば、思い出す花があります。
それはこれ。

セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)。(学名:Hypericum perforatum)

 

セントジョーンズワート、を直訳すると、

 

聖ヨハネ草
です。

 

聖ヨハネ?

 

はい、そうです。あの聖書にも登場する、聖ヨハネ、洗礼者ヨハネです。

 

その名前の付いた、薬草。

 

セントジョーンズワートは、ちょうど夏至の時期に写真のような黄色いかわいらしいお花を咲かせるのですが、
お花を指でつぶすと、真っ赤な汁がにじみ出てくるのです!
そして聖ヨハネの誕生は6月24日、夏至近辺だったと言われています。

 

これが、斬首されなくなったとされる聖ヨハネの血とされ、
聖なる血、
聖なる草、
聖ヨハネの血の草

 

となったのだそうです。

 

西洋オトギリソウ、
ということは・・・。

 

日本にもあります。

 

日本のオトギリソウ(学名:Hypericum erectum)は、

 

弟切草

 

と書きます。

 

ぐえ〜やっぱり血の匂いが!!!

 

日本にもしっかりと有名な逸話が残っています。

 

ある鷹匠が傷を負った鷹にある薬草を与えると、みるみる回復してしまう。
でもその鷹匠は、決してその薬草の名を教えません。
しかしそれを、弟が密かにも漏らしてしまいます!

 

大変怒った彼は、刀を抜いて弟を殺してしまうのです。
その飛び散った血が、弟切草の葉っぱや花弁(黒い点々があるのです)に残っていると言われています。

 

おお。やっぱり逸話って情け容赦ないものが多いですね…。

 

日本の弟切草も、漢方の生薬として古くから使用されてきました。
止血や鎮痛薬として使われてきています。

 

さて。セントジョーンズワートですが
その作用として一番有名なのは

 

抗うつ作用

 

でしょうか。
ヨーロッパでは伝統的医薬品として処方されたりもしますが、日本では薬事法上、食品扱いでハーブティーとして売られていることが多いですね。それか健康補助食品てきなカプセル状のものとか。
(摂取する場合は多くの薬物と相互作用をするので注意が必要です!)

 

あとですね。
私が大好きなセントジョーンズワートのアイテムがこちら。
その【血】の色をまざまざと見せつけてくれます。

セントジョーンズワートオイル。
全草を植物油に付け込んで採った、浸出油です。

 

わお!というくらい真っ赤なものもあります。
作る人や年度によって、赤い色が褐色っぽくなったり結構変わります。

 

このオイル、私はトリートメントに必ずと言っていいほど使用するのですが、
ざっくり大きく分けて3つの作用が期待できるのです。

 

まず一つ目が
鎮痛

 

二つ目は
筋肉と腱を即座に緩める

 

そして最後に。
生体リズムを整える!

 

この赤い色の正体はヒペリシンといい、
このヒペリシンとハイパフォリンという物質が
セロトニンの再吸収を阻害すると言われています。

 

※光線過敏症の原因となることがありますので日中のお顔などへの使用は控えた方が良いと思います!

 

筋肉痛、
肩こり、
慢性腰痛
膝の痛み

 

また、
ねんざやぎっくり腰
などの痛みの緩和にもとってもお役立ちです、

 

香りも結構独特な香りを持ったオイルなので、
無臭の癖のない植物油に少し混ぜてマッサージオイルにしてもいいと思います。

 

セントジョーンズワートオイルでマッサージをすると
身体がポカポカするんですよ。中からじわーって感じで。

 

一度お試ししてみて欲しいオイルのひとつです。

 

日本では北海道の一部に自生しているそうです。
苗も売っていますね。
ご自宅で育てた弟切草で、浸出油、作ってみても楽しいですね!
ちなみに私は挑戦したのですが、苗が上手く育たず枯れてしまって(´;ω;`)

 

また、リベンジしようかしら。

 

今日は
聖ヨハネと
鷹匠の弟さんに想いを馳せて・・・。

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

自分にあった心地よいケアで、みなさんがこの時期をより快適にすごせますように。
次回は7月7日(小暑)の予定です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

本日より7月開講分、申込開始です!

 

◆梅雨時のジメジメ気分を吹っ飛ばそう!  〜6月5日〜

こんにちは。

 

6月に入り、いよいよ梅雨本番の季節になってきました。

 

本日6月5日は、二十四節気の【芒種】。ぼうしゅ、と読みます。
二十四節気は農耕の暦でもあります。
芒種は、“種を播く時期”という意味だそうです。特に米を指すのだそう。
今は寒さに強い品種改良もされて、もうすでに田植えは終わっているところがほとんどだと思いますが、昔はこの時期に丁寧に育てた苗を植えていたんですね。

 

今日から今月21日の夏至までの間、陽の極み、夏至へと満ちていく、クライマックスの時期です。

 

とはいえ。

 

地上を見れは、ジメジメ、の梅雨時。

 

雨降り、ジメジメ、低気圧。降雨災害のニュース…。

 

憂鬱に拍車がかかります・・・。
ついつい重い気持ちになりがちです。

 

今年は(今年も、か。)コロナウィルス感染症もこの気分の落ち込みに拍車をかけています。

 

曇り空だと、なかなか太陽も、お月さまも拝める機会が少ないですが
先日6月2日には月は下弦の月、
そして来週木曜日、6月10日には新月を迎えます。

 

先日5月26日はスーパームーン&皆既月食でしたが、(残念ながら長野県は曇り空で目視はできなかったのですが、しっかりパワーは頂きました!)
実はこの10日の新月の時、金環日食が観測できるんです!

 

・・・とはいっても、残念ながら日本では見ることができなくて(´;ω;`)

 

今回、金環日食が見られるのは北極圏のあたり、ロシア北部やカナダ北部、グリーンランドなどだそうです。
次に日本で金環日食が見られるのは、
2030年6月1日。

 

9年後か…。

 

そのころは一体、どんな世界になっているのでしょう?
どんな自分でいるのかな?

 

そんなことを想像しながら、雨空を仰ぎ見るのもいいかもですね。

 

【梅雨時だからこそ、のお花たちでジメジメ気分を吹き飛ばそう!】
雨が降っていると、ついつい足元ばかり見て歩きがちですが、
すこし視線を上げてみると

 

梅雨時だからこそ美しい、
この時期だからこそ映える

 

そんな植物、お花たちがたくさん咲いています!
そんな植物たち、お花たちを見て、
嗅いで、
感じて

 

このジメジメの季節のジメジメ気分を軽く、
フーッと吹き飛ばしてしまいましょう!

 

 

梅雨、雨、といえはやっぱり、

紫陽花。

 

時の移ろいで徐々に色が変わっていくのも素敵です。
雨が似合う。
傘をさして鑑賞したいお花、ナンバーワン!

 

しっとりした気分になって、気持ちも落ち着きます。
紫陽花さんは、香りはありませんが(´;ω;`)

 

 

そしてそして!6月といえば!

 

精油達からの代表選手、登場〜!

ローズ様!

 

精油は、女性のみならず実は男性にも人気なんです。
身体の内にこもった熱や炎症を鎮めてくれますし、
その芳香は“慈愛”そのもの、という感じ。
そして、女性の味方。
ホルモンバランスやお肌のトラブル、生殖器系のトラブルにもおススメの香りです。

 

わたしは、
ローズオットー(水蒸気蒸留で得られた精油)の香りは
“マリア様”

 

そして
ローズアブソリュート(有機溶剤抽出法で得られた精油のこと)の香りは
“ジャンヌ・ダルク”

 

と感じています。

 

オットーには“限りないやさしさ”を、
そしてアブソリュートには
“優しさの中の芯の強さ”
があるんです。

 

同じ植物から採っているのに不思議ですよね!

 

観賞用として様々に品種改良されて種類も豊富で250種類の異種と1000種類以上の交配種がありますが、
香料として精油を採る種類は、そのなかのわずか3種類だけ。

 

精油も、抽出方法によって香りがガラッと変わります。

 

それにしても貴重な香り。香りの女王様!です。
1sの精油を水蒸気蒸留して抽出するのに、バラのお花が何キロ必要だと思いますか?

 

なんと!
3トン
もの花弁が必要なのです!!!
精油ボトルからの1滴(約0.05ml)に、ローズの花弁が1000枚分
の換算になります。

 

そりゃー、貴重です。お値段も張ります。(本物は、ね。)
だからこそ、本物の香りを今の時期に!生で!感じて頂きたい♪

 

精油を採る種類のバラでなくても、香りが強い品種は観賞用にもたくさんあります。
バラの花を見つけたら
ぜひぜひ、
香りを嗅いでみてくださいね〜!
(注:くれぐれも不法侵入はしないでくださいね!ちゃーんとお断りしてくださいねっ)

 

 

そしてそしてさらに!

今月のつぶやき精油、ラベンダーさん。

 

ラベンダーさんは本当にオールマイティー的な“優等生”。
薬理の作用はざっといくつ?
25以上はあるはず。
そして他の仲間たちの面倒見も良いという、ラベンダーさん。

 

古代ローマ時代からずっと、その香りは人間に潤いと安らぎを与え続けてくれています。

 

その香りになじみ深い方も多いと思います。
最近はよくお庭にラベンダーが咲いているのを良く見かけます。
かなり身近なハーブになってきましたよね。
サロンの庭にも咲いています。

 

 

それから、

ローマンカモミールさん。

 

カモミールさんは
ローマンさんと、
ジャーマンさん
がいるのですが、

 

ハーブティーとしてなじみ深いのは、実はジャーマンさんの方。

 

ローマンさんはお茶にすると少し苦みがでてしまってあまり人気じゃないようです。

 

でも精油になるとそれは一転!
本当に甘くやさしい、純粋な香りになるのです!

 

ローマンカモミールさんはほふく型の背の低いハーブなので、
ざ〜っと絨毯のように生えます。(勢いがいいと。)

 

私もまだできたためしがないのですが、
ローマンカモミールさんのお花の絨毯の上に寝っ転がってみたい!
(だって、とても素敵な夢が見れそうなので・・・( ̄▽ ̄;)でもお花がつぶれてしまうのでなかなか決心がつかないですが)
それが叶わぬならば、
手でさわさわと絨毯を撫でてみたい♪

 

 

そのほか、ハーブ系の精油達もこの時期、可憐にお花が咲く子たちがたくさんです。
ヤロウ、
エキナセア、
エルダーフラワー。

 

セージ、
タイム、
フェンネル、
コリアンダー。

 

こんなお花たち、ハーブ達の勢いが増す6月。

 

この子たちの花を愛で
香りを嗅いで
なんならおいしく頂いて

 

パワーもいただいて。

 

梅雨空、ジメジメ気分、
フットばしていきましょう!

 

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

 

今回は前回の続き、
自己解放の香り
をご紹介しようと思っていたのですが、
季節が丁度ハーブ達のお花の時期だったので、こちらの記事にさせて頂きました!

 

自己解放
自己開示
自己発信
をサポートしてくれる精油達のご紹介は、またの機会に!

 

 

自分にあった心地よいケアで、みなさんがこの時期をより快適にすごせますように。
次回は6月21日(夏至)の予定です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

申込締切まであと数日!

 


◆これからの夏本番、に備えるために。  〜5月21日〜

こんにちは。

 

本日24節気の【小満】。太陽黄経は60度。日に日に明るい時間が長くなり、あとひと月ほどで夏至ですね。

 

二十四節気の【小満】ですが、なぜ、しょうまん、という名前なのか、ご存じですか?
(私も実は知らなかったのですが( ̄▽ ̄;))
小満とは秋に蒔〔ま〕いた麦などの穂がつく頃で、ほっと一安心(少し満足)すると言う意味なのだそうです!

 

田畑を耕して生活の糧〔かて〕を稼いでいた時代には、農作物の収穫の有無は人の生死にかかわる問題でした。そのため、麦などに穂がつくと「今のところは順調だ、よかった」と満足したことから小満と言う名前が付いたようです。(日本文化いろは辞典より参照)

 

小さな満足、ということですよね。

 

今の小さな満足、小さな幸せの積み重ねが、未来の大きな満足に繋がっていく・・・。
そう考えると、今を精一杯生きることって、本当に大切なんだなあと改めて感じます。

 

2021年も、はや半分が過ぎようとしています。
農作業とは縁遠くなってしまっている方が大半の今の私達ですが、
この【小満】にあやかり、年初に立てた今年の目標や予定を一度振り返って、点検してみても良い時期かもしれません。

 

そして、
“よしよし順調♪よかった、このままGO〜♪”
の方も、
“ちょっと待てよ、もう一度考え直そうかな?”
の方も、

 

気持ちを整理して、
そして身体を整えて。

 

これからの後半戦、梅雨時、そして夏本番に備える。
次の二十四節気【芒種】までの約2週間を、2021年度後半戦を身体も気持ちもより心地よく過ごすための2週間にしていきませんか?

 

 

【まずはこれから、自分を開くための準備】
これから季節は、梅雨時、そして真夏の暑さへと移ろっていきます。
暦の上では夏だとは言っても、まだまだ身体は暑さや湿度には慣れていない状態。

 

身体も徐々に、解放(=開いている状態)にしていく必要があります。
これが上手くいかないと、梅雨時や真夏に、身体が対応しきれず不調が続く、という事が心配されます。

 

それをなるべく回避するために、今回はまず、
精油達と一緒に、気持ちの整理
を、マノカルダからご提案したいと思います。

 

 

気持ちの整理(=自分の“中”と繋がってみる)をすると、

自分と向き合うこと(内観)をすることで、自分自身の問題が自分で理解できる。

気持ちが解放される(心が開く。)

オープンマインドになり、自己解放、自己表現、自己発信が容易になっていく。

身体も解放されて(開いて)ゆく。

 

という、図式。

 

そのための《内観》を助けてくれる精油達を今日はご紹介。

 

 

【自分の“中”とのつながりをサポートしてくれる精油たち】

 

『サンダルウッド(白檀)』
〜自分の中の“怒り”・“不満”と向き合いたい時に〜

古くから寺院や宗教儀式などで使われてきた香りです。
お線香の香りとしてもおなじみですが、香りのよい香木になるのには長い期間がかかることもあり、乱獲の影響もあって本物のサンダルウッドは今、減少の一途を辿っています。
年々、貴重な精油となっています。

 

サンダルウッドはとても、“冷やす”ことが得意な精油。
白檀で作った扇子は香りと共に涼をもたらすと言われています。
日本人には特になじみのある香りですね。

 

 

『シダーウッド(アトラスシダー)』
〜自分の中の“自分軸”と向き合いたい時に〜
現在広く使われているのがアトラスシダーですが、その原種のレバノンシダーは古代エジプトでは宗教儀式やミイラの棺を作るために頻繁に利用されてきた木材です。
マツ科のシダーウッドはとても固く“芯”がしっかりとしている木。
ほのかに甘く、ウッディな香りはとても穏やかな気持ちにさせてくれます。

 

 

『フランキンセンス(乳香)』
〜自分の中の“思い込み”や“傷”と向き合いたい時に〜

この精油も、聖書にも登場する程古代から使用されてきた香り。
フランキンセンスはこの木の幹に傷をつけ、その【樹脂】を水蒸気蒸留して採取するのですが、

 

樹脂、って、“傷を癒す”為の、植物の大切な大切なお薬。
ウッディなのですがすこしスパイシーな、ちょっとくせになるような香りです。

 

 

こんな香り達と一緒に、自分探しの「内観」という旅に出てみませんか。
自分のための時間を、少しだけ作ってください。

 

携帯はOFF、テレビもOFFして。
ゆったりと座って、軽く目を閉じて。
横になってもいいかもしれません。楽な姿勢で。

 

そしてこの香り達を傍に。
ティッシュに1滴でどの精油達もかなり良く、長く香ります。

 

お風呂に1滴入れて入浴しても。

 

そして、自分の中と、繋がってみてください。

 

いろんなイメージや、言葉が浮かんでくるかもしれません。
どれも全部、受け取ってくださいね。

 

ただただ、香りを感じるだけでもいいのです。
今日ご紹介した精油達ではなく、いろんな視点や好み、観点で、それぞれの香りを選べばいい。

 

心を開いていくきっかけに、香り達と共に。

 

そうすると、
ふと何かがよぎったり、
吹っ切れたり、
モヤモヤがスーッとしていたり。

 

まずは自分と繋がってみる。
そうして出てきた答えを、今度は2021年度後半にアウトプットしていく。
自己解放、
自己開示、
自己発信、
という形で。

 

そうすれば、今度は身体も一緒に開いていきます。
(ま、逆もあるんですが・・・。それはトリートメントで、ね〜。)

 

今日は、そんな「自分とつながる」香りのサポーターをご紹介しました!

 

昨日20日は上弦の月、
そして5日後、26日には今年最大!のスーパームーン満月。

 

豊かに受け取るために、
2021年後半に備えるために。

 

今月の残り、是非、自分とつながりなおしてみてください♪

 

次回は、自分と繋がりなおした後の、
自己解放
自己開示
自己発信
をサポートしてくれる精油達をご紹介しようかと思っています。

 

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

 

自分にあった心地よいケアで、みなさんがこの時期をより快適にすごせますように。
次回は6月5日(芒種)の予定です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜
大人のアロマクラフト
来月は6月9日(水)開催予定。虫よけスプレーと虫刺されロールオンを作ります。
6月1日(火)申込締め切りです!(あと10日!)

 


◆本日立夏。もう夏だけど、まずは温めよう♪  〜5月5日〜

こんにちは。マノカルダです。

 

今月からセラピスト名を頂きまして(ハハハ)♪

 

なんと!有馬アロマですわ。
有馬アロマのつぶやきアロマ、LINE公式アカウント登録で毎日タイムラインからご覧いただく事ができます♪
詳しいご説明は、こちらから♪

 

(な〜んて、おのころ先生のブログからこのHPに来てくださっている方の方が多いかもしれませんね)

 

マノカルダのセラピストとしては、相変わらずみどりですが
有馬アロマもこれからどんどん精油達とのつぶやきを展開していきたいと思っていますので、乞うご期待!

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

本日5月5日は子供の日、と同時に二十四節気の【立夏】。太陽黄経は60度。
どんどんと日も長く、暖かくなってきました。

 

立夏とは“夏が立つ”と書くように、夏の兆しが見え始める頃という意味で陽気も増し夏の気配を感じる時期です。
ここ伊那谷では、お日様の光に新緑の薄い緑が映えて、深呼吸したくなる季節です。

 

これから次の二十四節気、【小満】までの約15日間が立夏、さあ、夏の始まりです!の時期。

 

なんですが。

 

今年のゴールデンウィーク、皆さまはどう過ごされたのでしょうか?

 

緊急事態宣言下の2度目のゴールデンウィークとなりましたが
さすがに昨年のような訳にはいかず、人流もなかなか止めることは難しくなってきている様子が報道されています。

 

お天気も北の方は雪!だったり、南の方は夏日だったりで
日本列島っは本当に長いなあ〜と実感してしまいます。

 

ワクチン接種も自治体によって対応が変わったりして
関わるみなさんの悪戦苦闘ぶりも伝わってきます。

 

皆、それぞれの立場で、初めての経験をしながら、試行錯誤しながら毎日を送っている。
その積み重ねが、どうか明るい未来に続いていきますように!

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

【寒暖も激しい季節】
実はこの時期は一年の中でも朝晩と日中との寒暖差が一番大きくなる時期なのだそうです。

 

地域差もありますが、
東京などでも朝晩と日中との温度差が10度以上の日もまれではありませんよね。
ここ伊那谷では、この時期の寒暖差は何と20度!になる時も。

 

こうなると、その温度差に対応しようと身体は悪戦苦闘。
多くのエネルギーを消耗し、疲れが出てしまいます。

 

これが、【寒暖差疲労】。
寒暖差によってエネルギーを消耗してしまい、
自律神経がバランスを崩して
倦怠感や疲れを感じてしまいます。

 

今の時期の寒暖差疲労を乗り切るヒントを、今日はお伝えしていこうと思います。

 

【まだ、温めたい♪】

暦の上では夏になりましたが、
朝晩の冷え込みもまだ残っています。

 

朝お出かけするときに、何を着たらよいのか悩みます!これは本当に悩む。
日中の最高気温を考えるとTシャツでもイイのですが、
朝はとてもじゃないけどTシャツ、なんていう気分ではない。。。

 

そんな時には色のマジック!を使ってみてはいかがでしょうか〜?

 

ピンクや淡いグリーン、イエローなどのパステルカラー、

 

なのですが、ちょっと厚手のモコッと素材、とか。
厚手のカーディガンはパステルカラー、とか。
ストールもちょっと厚手、でもイエローの元気カラー、とか。

 

腹巻!(←これ、結構効果的です。)

 

朝の温かい飲み物も身体の調子を整えてくれます。

 

夏向けの身体“開いた身体”にしていく前の準備だと思って、まずは温めてみることをお勧めします。

 

軽い運動も効果的。なかなか外出が制限されてしまって自由に開放的に!というわけにはいきませんが、できる範囲で身体を動かす習慣をつけていってみるのもイイと思います。

 

・手首、足首、首回し
・朝起きぬけ、お布団の中での、のびー!

 

これだけでも、身体はすこしづつ、開いていってくれますよ〜。

 

【精油達も温めに協力♪】

精油達も、温めには協力的です!
温めの精油、代表的なものは、

 

・スイートマジョラム
・ジンジャー
・ブラックペッパー
・ジュニパーベリー
・シダーウッド

 

など。

 

ティートリー精油も実は、温めの性質を持っています。
スッキリした香りで冷やさない!という時にはこんなチョイスもありかもです。

 

そして自律神経を整えてくれる精油達も。

 

ゼラニウム
(お肌や身体、気持ちのバランスを取りたい感じ時に。)
ラベンダー
(頭の中が考え事でいっぱいの時に。)
ベルガモット
(緊張感がどこかで抜けない時に。)
イランイラン
(ちょっと気持ちが疲れて一休みしたいなあ、という時に。)
スイートオレン
(ちょっとエネルギーが不足しがちかなあと感じた時に。)
ティートリー
(頭の中をリセット、リニューアルしたい時に。)

 

かっこの中の説明はあくまで参考程度。
ご自分のお気に入りの精油の香りが、あなたの心と身体に働きかけて自律神経を整えるサポートをしてくれますよ〜。

 

前回ご紹介した

 

◆香りのイメージ瞑想で免疫を元気に♪ 

 

の、イメージ瞑想しながらもいい感じです。

 

芳香浴、入浴など
生活の取り入れやすいところに、精油達を仲間に入れてあげてくださいね〜。

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜

 

自分にあった心地よいケアで、みなさんがこの時期をより快適にすごせますように。
次回は5月21日(小満)の予定です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

〜 〇 〜 〇 〜 〇 〜
大人のアロマクラフト
5月はクレイパックとソルトスクラブを作ります。
5月11日(火)申込締め切りです!(もうすく!)

 


page top